工事費用を抑えるポイント

費用を決める大切なポイントを説明・水回りリフォームの基礎

費用を抑える考え方のポイント

水回りのバリアフリーリフォームを計画するときに、安心して暮らせる住まいを実現しようとすると、いろいろな要望が出てきます。

費用を抑える方法があるのか?水回りのバリアフリーの費用を考えるときに大切なことを3つ説明していきます。

  • 優先順位をつける
  • 機能性や使いやすさを優先する
  • 介護保険などの補助を受ける

優先順位をつける

一番効果的な方法は、要望に優先順位をつけることです。そうすることで、予算を超えたときに、どの要望を我慢すれば良いのかがはっきりします。

お身体の状態や、普段よく使う場所などを踏まえて、ご家族とじっくりと相談した上で、優先順位をつけてみてください。

機能性や使いやすさを優先する

水回りのバリアフリーリフォームは、不便を解消するという目的があります。ですから、見栄えや、快適さよりも、機能性や使いやすさを優先しましょう。

大切なのは、限られた予算の中でも、最大限バランスを取って、理想的とはいえなくても、生活の質が向上できるように、費用に対する効果を考えることです。

見積もりを取ったときには、水回りのバリアフリー業者の担当者やケアマネージャと相談してみて、費用を抑えられるところがないか確認してみてください。

介護保険などの補助を受ける

水回りのバリアフリーリフォームは、住宅金融支援機構の融資や介護保険適用などの補助が受けられます。介護保険による補助は最高20万円(1割は自己負担)が支給されます。

住宅金融支援機構による融資は、最大1000万円まで借入可能で毎月の返済は利息のみとなります。(元金は亡くなられた時に相続人が一括返済となります。)

これらの補助以外にも、地方自治体による融資などもあるので、上手に活用して、費用を抑えてみてください。

上記の費用を抑えるポイントをしっかりと確認して、限られた予算の中で、多くのご要望が実現できるようにご活用ください。