トイレリフォームで大切なこと

トイレでの負担を軽くする・水回りリフォームの基礎

トイレのリフォームのポイント

排泄はいつまでも自分の力で行いたいものです。高齢になるにつれ、足腰が弱くなるので、便器に座るのも負担に感じるようになります。トイレに行きたいときに行けるようにするためにも、負担を軽くすることが大切です。

ここでは、トイレを使うときの状況ごとに、水回りのバリアフリーを検討する場所を説明していきます。

  • トイレにはいるとき
  • 便座に座るとき・立ち上がるとき
  • 排泄するとき
  • 夜間にトイレにいくとき
  • 手すりについて

トイレにはいるとき

トイレに入るときに転ばないように、段差と敷居をなくします。もしくは、スロープを取りつけて、転倒防止を行います。

トイレの中に入るときに、ドアを開けますが、そのときに姿勢が不安定にならないように、ドアの横に手すりをつけて開けやすくします。

ドアを開けるのが大変であれば、引き戸にして、横に動かすだけで開けられるようにします。引き戸にしない場合は、何かあったときに助けやすくするために、内開きのドアは避けます。また、鍵は外から開けられるタイプのものを選びます。

便座に座るとき・立ち上がるとき

和式の便座は、かがむときに負担が大きいので、洋式の便座にします。便座に座るときの補助用に、手すりを設置します。

手すりだけでは、座るのが困難な場合は、便座を高くしたり、立ち上がりの補助ができる便座を検討します。

立ち上がり補助便座は機械を使うので、お身体の状態によっては、かえって危険な場合もあります。導入する場合は、実際に使ってみて、使い心地を確かめてからにしましょう

排泄するとき

座るときに便座が冷たくないように、便座を温めるタイプのものがあります。また、お尻をふくときに、温水洗浄便座(ウォシュレット)を利用すると便利です。

夜間にトイレにいくとき

寝室からの移動に負担を感じるときは、できるだけ寝室とトイレは近くにするのが望ましいです。

それが難しい場合は、夜間だけ、持ち運びができるトイレ(ポータブルトイレ)を使ったり、しびんなどを使って対応することもできます。

手すりについて

トイレの大きさ、お身体の状態、生活習慣などにより、手すりの最適な場所や数は変わります。手すりをつけるときは、必ず本人に動作確認をしてもらうようにしましょう。

手すりには、側方縦手すり、側方横手すり、前方横手すり、トイレガードなど、さまざまな種類がありますので、やはり実際に確かめてみるのが一番です。

トイレの水回りのバリアフリーは、負担をできるだけ軽くすることが大切です。手すりや便器など体に直接触れる物は、ショールームで必ず実物を確認しておきましょう。

水回りのバリアフリーを検討している方は、上記の内容を踏まえて計画を立ててみてください。

横浜で医療脱毛を受けるならこちらがおすすめ