アプローチリフォームで大切なこと

アプローチは転倒防止を最優先に考えましょう・水回りリフォームの基礎

玄関のアプローチリフォームのポイント

高齢になるにつれて、身体機能や注意力が低下していきますので、敷居につまづいてしまったり、階段から転落するといった家庭内の事故が起こりがちになります。

それを防ぐためにも、移動するときに危険な場所をあらかじめ取り除いたり、補助具を使うことで、生活の範囲を広げることができます。介護が必要な場合でも、介助の手を楽にします。

ここでは、玄関から建物の中への移動通路であるアプローチのバリアフリーで確認しておくべきことについてご紹介していきます。

  • 敷地と建物の段差について
  • スロープについて
  • スロープが設置できない場合
  • 玄関の照明について

敷地と建物の段差について

道路から玄関までは、どうやっても段差があります。まずは、ゆるやかなスロープにするか、階段にするかを決めます。そのときは、段差の高さと、本人の身体の状態を踏まえて検討します。

階段にする場合は、段差の高さを16cm以下にします。できるならば、手すりは階段の両脇につけてにぎったときに冷たくない素材にしておくと、安全で使い心地がいいです。

スロープについて

車椅子を使う場合は、移動のためにスロープが必要になります。スロープの勾配はゆるやかにして、上り下りが楽になるようにします。スロープの材質はすべりにくい素材にして、車椅子がすべらないようにします。

スロープが設置できない場合

スロープが設置できないような急勾配だったり、設置できないときは、階段に立てかける「簡易スロープ」を設置したり、段差解消機を使って、車椅子ごと持ち上げる方法があります。

玄関の照明について

人が近づいたら光るタイプの「人感センサー」つきの門灯や玄関灯だと暗くなっても見やすいので、安全です。階段で転ばないように、階段の足下に「足下灯」があると安心できます。

アプローチのバリアフリーは、転倒防止を考えることが大切です。バリアフリーを検討している方は、上記の内容を踏まえて計画を立ててみてください。